EN

サーキュラーエコノミーの取組み① ~“ごみ”を原料にしてポリオレフィンを製造~

住友化学株式会社

概要

積水化学工業株式会社と住友化学株式会社は、“ごみ” を原料としてポリオレフィンを製造する技術の社会実装に向けて協力関係を構築することに合意しました。これは、“ごみ”をまるごとエタノールに変換する生産技術の開発に成功した積水化学と、ポリオレフィンの製造に関する技術・ノウハウを有する住友化学が協力することにより、“ごみ”をポリオレフィンにケミカルリサイクルするサーキュラーエコノミーの取り組みを推進するものです。積水化学は“ごみ”から得たエタノールを、住友化学はそのエタノールを原料としたポリオレフィンを、それぞれ2022年度から試験的な生産を開始し、25年度には本格上市を目指します。

説明

日本で排出される可燃性ごみは、年間約6,000万トンであり、そのエネルギー量はカロリー換算で約200兆kcalにも達します。これらの量は日本でプラスチック素材を生産するのに用いられる化石資源の量(年間約3,000万トン)およびカロリー換算したエネルギー量(約150兆kcal)に比べて大きいにもかかわらず、その再利用は一部に留まり、多くは焼却・埋立処分されているのが現状です。雑多・不均質であり、含まれる成分・組成の変動が大きいという“ごみ”の工業原料としての扱いにくさが、その再利用を阻んできたといえます。
積水化学は、17年12月、米国ランザテック社と協力して、ごみ処理施設に収集された“ごみ”を一切分別することなく一酸化炭素と水素にガス化し、このガスを微生物により、熱・圧力を用いることなくエタノールに変換する生産技術の開発に成功しました。一方、住友化学は石油化学分野において長年にわたり培ってきた技術・ノウハウを生かして、“ごみ”由来のエタノールを原料に、エチレンを経てポリオレフィンを製造する技術開発を行います。両社の協力によって、このエタノールから身近なプラスチックなどの有機化学素材を生み出すことで、“ごみ”を原料としてポリオレフィンを製造するサーキュラーエコノミーを確立し、新たな化石資源の使用量を削減すると同時に、ごみ焼却時に発生するCO2排出量や廃プラスチックを削減することにより、持続可能な社会の構築に貢献していきたいと考えています。
積水化学と住友化学は、 “ごみ”からポリオレフィンを製造する技術の社会実装に向けてサーキュラーエコノミーの取り組みを推進してまいります。

連携先

積水化学工業株式会社

この会社の他の事例

サーキュラーエコノミーの取組み② ~ケミカルリサイクル技術~

住友化学株式会社

> 詳細を見る

効率的なエネルギー利用に向けて ~二次電池部材~

住友化学株式会社

> 詳細を見る

促進輸送膜による高効率な二酸化炭素分離 ~CCUS技術への適用~

住友化学株式会社

> 詳細を見る

類似事例

2モータシステム用パワーユニット 「4GL-IPU」

三菱電機株式会社

> 詳細を見る

AI/IoTを活用した分散電源(VPP)のデマンドレスポンス(DR)対応

日本電気株式会社

> 詳細を見る

BEMS (Building Energy Management System)

鹿島建設株式会社

> 詳細を見る

CO₂を有効利用した高効率合成ガス製造技術開発

千代田化工建設株式会社

> 詳細を見る

CO2を原料とする炭酸ジメチル(DMC)製造方法の確立

日本製鉄株式会社

> 詳細を見る