EN

CO2有効利用コンクリートの技術開発・普及拡大

鹿島建設株式会社

概要

CO2を有効利用できる環境配慮型コンクリート(製品名:CO2-SUICOM)の技術開発・普及拡大に取り組みます。このコンクリートは特殊な材料・工法を用いて製造することで,火力発電所等の様々な排出源からのCO2を吸収させることができます。さらに,石炭灰や高炉スラグ,CO2と反応して硬化する特殊混和材など,CO2排出量の少ない材料を積極的に利用することで,CO2吸収量と合わせた排出量を実質ゼロ以下とすることまで可能です。脱炭素社会の実現に貢献できるカーボンリサイクル技術の一つとして,環境配慮型コンクリートのコスト低減と適用製品の拡大に取組み,更なる普及拡大を目指します。

説明

CO2を有効利用できる環境配慮型コンクリート(製品名:CO2-SUICOM,CO2-Storage and Utilization for Infrastructure by COncrete Materials)の技術開発・普及拡大に取り組みます。
このコンクリートは,セメントならびにその一部に置き換えた特殊な混和材がCO2を吸収することで硬化します。製造過程において,製品を養生槽に設置し,槽内にCO2を送り込んで製品に吸収させます。火力発電所から排出されるCO2をはじめとした様々な排出源からのCO2を有効利用することが可能です。
同コンクリートは,①セメント代替材料として産業副産物の大量使用,②排出されるCO2のコンクリートへの吸収により,コンクリートとしてのCO2排出量を大幅に削減できます。通常のコンクリートブロックは1m3あたり約300kgのCO2を排出しますが,CO2-SUICOMは石炭灰や高炉スラグ等のCO2排出量の少ない産業副産物を積極的に利用した配合とすることで,CO2吸収量と合わせたCO2排出量(材料由来)を実質ゼロ以下にすることが可能です。一度吸収したCO2は化学反応してコンクリート内に固定されるため,製造後にコンクリートからCO2が離脱することはありません。
CO2-SUICOMは,一般製品と同等の強度とすることができます。また,耐摩耗性に優れる,エフロレッセンスが少ない,植物が繁茂しやすいといった一般製品にはない特長もあります。
現在は,工場で製造する道路ブロック・舗装ブロックなどのプレキャストコンクリートを主な製品としており,既に様々な製品が実際に利用されています。その中には長期間利用した製品もありますが,一般製品と比較して遜色のない耐久性を有しています。
一方で,特殊な材料・工法を用いていることから,一般製品に対して価格が割高になります。また,現在は鉄筋を含んだ製品や現場打設コンクリートに適用することが困難です。
今後,脱炭素社会の実現に貢献できるカーボンリサイクル技術の一つとして,更なる普及拡大を目指し,コスト低減・適用製品の拡大に向けた技術開発に取り組みます。

連携先

鹿島建設株式会社 : 製品開発・設計
デンカ株式会社 : 特殊混和材開発
ランデス株式会社 : プレキャスト製品製造・販売
中国電力株式会社 : 製造実証試験(火力発電所)
三菱商事株式会社 : 国内外の事業化検討、マーケティング

この会社の他の事例

BEMS (Building Energy Management System)

鹿島建設株式会社

> 詳細を見る

ZEB (ゼロエネルギービル)

鹿島建設株式会社

> 詳細を見る

低炭素コンクリート

鹿島建設株式会社

> 詳細を見る

類似事例

2モータシステム用パワーユニット 「4GL-IPU」

三菱電機株式会社

> 詳細を見る

AI/IoTを活用した分散電源(VPP)のデマンドレスポンス(DR)対応

日本電気株式会社

> 詳細を見る

BEMS (Building Energy Management System)

鹿島建設株式会社

> 詳細を見る

CO₂を有効利用した高効率合成ガス製造技術開発

千代田化工建設株式会社

> 詳細を見る

CO2を原料とする炭酸ジメチル(DMC)製造方法の確立

日本製鉄株式会社

> 詳細を見る